カートをみる 会員登録・マイページへログイン お支払方法・送料 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

【当店は信州味噌の専門店です】 

信州長野県は鎌倉時代より続く日本有数の味噌生産地。外国産大豆で作るお味噌が多くを占める現在でも、代々伝わる天然製法と国産原料で造るこだわりの信州味噌だけを取り扱っています。他では味わえない本物の信州味噌をぜひご賞味下さい

信州味噌 赤味噌信州味噌 白味噌信州味噌 信州味噌 味噌漬け信州味噌 おかず味噌信州味噌の贈答品信州味噌スイーツ信州味噌 味噌ドレッシング信州の醤油信州味噌のインスタント

信州味噌 大豆 米麹 そばの実 信州味噌 匠の味噌蔵

(沖縄・離島は送料別途)

信州味噌 送料無料

和泉蔵

信州佐久、岩村田の地で150年続く老舗「和泉蔵」さん。

創業は嘉永8年(1856年)ですから、凄い歴史です。

のれん

佐久市は雄大な浅間山の麓にあり、美味しい水と豊

な自然環境に恵まれた場所です。

浅間山って、実は活火山でして、時々煙上がってま

す・・・。

店長日記

そんな自然と、150年の伝統の技術が、美味しいお

味噌を作っているんですね。

蔵の正面は重厚な扉があり、歴史の重みを感じま

す。

和泉蔵扉

和泉蔵さんは伝統の技術と先進的な設備で、「安

全・安心、そして極上のお味噌」を追求しています。

清潔に管理された醸造場は糀の甘み、大豆の香り、

そして芳香な味噌の香りが混在した、えもいわれぬ

良い香りが。

大豆は煮る蔵が多い中、和泉蔵では「蒸す」事にこだ

わります

高圧タンク

一度に1トンまで蒸せる高圧窯。

蒸すことによって大豆の旨みや栄養を逃が

さないそうです

自慢の三点混合仕込みラインで、蒸した大豆、米麹、

塩が攪拌機に運ばれます。

三箇所混合仕込みライン

その後、じっくりと熟成。

大量生産では、この段階で暖かい部屋に入れる事

で、大幅に熟成期間を短縮できますが、「天然醸造」

にこだわる和泉蔵では静かに熟成を待ちます。その

間6ヶ月から3年!

「今は味噌が1ヶ月で出来る時代です

が、私達のような小さな蔵は、じっくり寝

かせて「麹本来の発酵」を托す昔ながら

方法を頑固に継承しなくては」。

四代目阿部隆司当主はおっしゃいます。

こちらの自慢のお味噌は「安養寺味噌」

鎌倉時代に始まった味噌作り発祥のお寺「安養寺」

の名をつけたこのお味噌は、今でもお寺で取れる大

豆で作られます

安養寺味噌熟成中

只今、じっくり熟成中です。

「万人好みではなくても、心の底から「あ

あ美味しい」と言ってくださるお客様がい

ます。良質な材料で丁寧につくられた食

品のもつ、普遍的な価値を守って行きた

い」

和泉蔵当主安部隆司氏と博隆氏

阿部隆司当主の心意気が信州のスローフードの未来

を支えている、そんな思いがします。

150年の伝統を守る和泉蔵の皆さんです。

和泉蔵社員の皆さん

和泉蔵の商品

安養寺味噌  雪花の彩 信州りんご味噌

安養寺味噌       雪花の彩        信州りんご味噌

和泉蔵おすすめセット 信州佐久の味噌せんべい

和泉蔵おすすめセット  佐久の味噌せんべい

山万加島屋

信州岡谷「山万加島屋」

信州岡谷の「山万加島屋」さん。

「醍醐味」や「杉樽仕込味噌」など、大豆の粒や風味

が生きた、昔ながらのお味噌を作っています。

こちらも,もちろん国産大豆にこだわる味噌蔵さん。

今使っているのは「富山産エンレイ」という大豆です。

煮大豆煮た大豆をラインに乗せています。

大豆を冷やしています 大豆の熱を取っています。

この後、米麹、塩を一緒にして熟成させます。

米麹米麹です。

米麹も大豆と共に、その質がお味噌の旨みを左右し

ます。熟成の長い期間、くず米だと麹が溶けてしまい

味にばらつきが出てしまいます。

もちろん国産米。

「杉樽仕込み味噌」は安曇野の1等級コシヒカリに限

定しているそうです。

仕込み中仕込み中は熱気があり、手作業が

多いので大変です。

杉樽仕込みの場合、ここから1年間熟成です。

4トンの大きな杉樽。 底部はヒノキだそうです。

山万加島屋 赤石健冶郎氏味噌作り50年の職人赤石さん。

今、杉樽は9つしか残っていません。釘を一切使わ

ず、竹を編んだタガで締めている杉樽は、それ自体、

作る職人さんがもういないそうです

タガもう100年以上使っています。

とても貴重な木樽ですね。

この杉樽、9つの内2つで「杉樽仕込み」を作っていま

すが1つは毎年予約で埋まってしまいます。

一般販売は1つだけです。

出来るだけ当店に回していただくようにお願いしてお

ります!!

とても希少なお味噌です。

(ところで、残りの7つの杉樽は何を作っているの?

今交渉中です。もうしばらくお待ちくださいませ。)

さて、この山万加島屋さん。

どの蔵も後継者に頭を悩ます中、情熱に燃える若き3

代目がおられます!

山万加島屋3代目 小松豊幸氏

小松豊幸氏。

お父さんの後を継いで10年、まだ31歳です。

50年のベテラン職人さん達と共に、日夜奮闘中で

す。

いろんないきさつがあり、味噌蔵を継ぐ決心をさ

れた豊幸氏。その思いをしらしめたお手紙がありま

す。(掲載許可頂きました)

3代目の手紙

3代目手紙

誰よりも情熱を持って味噌作りに取り組み、人一倍国

産味噌の将来に危機感を持っておられます。

この蔵を訪問すると、いつも3代目が情熱的に動き回

っておられ、味噌の未来に希望を感じますよ。

ベテラン職人の技術と、若き3代目の情熱が伝統の

味噌を守り、新しいアイデアを生んでいくのですね。

当店の「杉樽仕込み味噌」や「みそどれ」などはそうし

て生まれた傑作だと思います。

この蔵のお味噌、オススメです!

杉樽仕込み味噌 醍醐味 赤1kg 醍醐味 白1kg 

杉樽仕込み味噌750g  醍醐味赤1kg     醍醐味白1kg

信州味噌ドレッシング 山万加島屋Aセット 山万加島屋Bセット

みそドレ 200ml    送料無料!Aセット  送料無料!Bセット                                                  

【信州味噌の名工】芋川糀店

当店リピート率NO.1!!

「北信濃味噌」を造る、信州中野の小さな味噌蔵

「芋川糀店」の紹介です

芋川麹店トップ

信州中野、千曲川とリンゴ畑に囲まれる静かな場所に「芋川糀店」はあります。

りんご畑     長野県の川

家族で営む小さな味噌蔵さんです♪

芋川糀店の皆様  看板も控えめ♪ 看板

ここで造られる「北信濃味噌」が!

味噌品評会で最優秀賞を獲得!

主人の芋川吉孝氏は「信州味噌の名工」に選出されました!

農林水産大臣賞  信州味噌の名工

「信州味噌の名工」芋川吉孝氏

芋川吉孝氏

信州味噌 北信濃味噌

◎この絶品の味噌「北信濃味噌」の美味さの秘密は・・・

大豆  麹作り  天日塩

  厳選国産大豆         自慢の麹              天日塩

美味しい味噌の秘密

創業 昭和7年 今年で75周年、自慢の麹と、厳選国産原料

最初は糀屋として営業していましたが、味噌造りが忙しくなるのと、家庭で味噌を造らなくなり、糀を買うお客様が少なくなったこともあり、味噌造り専門店になりました。

麹と大豆

蔵自慢の麹です。

美味しい味噌の秘密

一回の仕込が1トン。一度にたくさん仕込まずに、少量で仕込み方が美味しい味噌が出来ます!

釜 釜 

1トン釜で蒸した大豆です♪

★一度に大量に仕込んでしまうと、桶の中で味や固さにムラが出来てしまい、美味しい味噌にはなりません。

芋川糀店では年に8回も仕込みを繰り返します。(大きなメーカーでは1回に8トン仕込むのは簡単・・・)

手間が掛かります!しかし、それがこの蔵のこだわりです!

美味しい味噌の秘密

徹底した「水分量」と熟成管理

★味噌作りで一番難しいのがこの2つ。

北信濃味噌は他の味噌より多めの水で仕込みます。これは、代々「柔らかい味噌が美味い味噌」と考えられているからです。熟成中に大豆の旨みが全体に行き渡り、喉越しの良い、極上の味噌に出来上がります。

自然の状態で熟成させる「天然醸造」。北アルプスの山々と千曲川に囲まれた恵まれた環境にある芋川糀店でも、その年や季節によって味噌の出来栄えが左右されます。その日の温度や湿度に細心の注意を払い、熟成蔵の環境に気を配ります。

======================

☆長野県味噌品評会「長野県知事賞」 昭和55年から連続受賞

☆全国味噌品評会「全国味噌技術会理事長賞」  昭和56年から連続受賞

☆「農林水産大臣賞」 平成16年受賞、

☆「信州味曽の名工」 平成17年選出

======================

≪芋川糀店の極上味噌≫

信州味噌 北信濃味噌15割麹1kg 北信濃味噌10割麹 1kg

信州味噌 北信濃味噌 北信濃味噌15割麹 1kg

≪ご贈答品も揃ってますよ!

信州味噌 北信濃味噌2k箱入り 北信濃味噌10割麹 2kg箱入り

信州味噌 北信濃味噌2k箱入り 北信濃味噌15割麹 2kg箱入り

信州味噌 北信濃味噌4k 北信濃味噌10割麹 4kg箱入り

信州味噌 北信濃味噌4k 北信濃味噌15割麹 4kg箱入り